業務請負について

信頼されるパートナーとしてのアウトソーシング

コスト削減・低減などを目的としてアウトソーシングを検討・導入されるお客様が増えつつあります。

ただ、アウトソーシングを成功に導く為には、お客様の既存の 倉庫、工場の有効活用や、関連部署における人材の処遇など にも十分配慮をしつつ、部分的・段階的に外注化されていくと いったことも必要とされます。

オネスティーでは、お客様とパートナーシップを持ち、お客様のニーズを自社の業務であるように対応することで、業務をサポートし、外部委託にかかる工数を最大限減らします。そして、良きパートナーとしてのきめ細かなサポートをさせていただきます。

派遣との違い

業務請負とは、お客様と当社が請負契約を結び、お客様から請け負った業務を、当社の社員を使って行うシステムです。
当社は労働者と雇用関係を結び、当社の指揮命令の基に労働者は業務を行います。お客様は業務の遂行・完成に対して当社に支払いが生じ、当社は労働カの提供に対して労働者に賃金を支払います。
業務請負ではお客様と労働者との間に指揮命令関係が生じず、そこが派遣との大きな違いになります。派遣との違い図

業務請負のメリット

自社社員を基幹業務へ専念できる

お客様の業務負担を軽減し、核となる業務に集中できることで、より効率的な会社運営が可能となります。

技術者養成の時間と経費が不要

オネスティーでは、幅広分野において高い専門知識を身に付けた優秀な人材を確保しております。お客様が今まで行われていた周辺業務に高い専門性が加わり、専門分野の強化が可能となります。

コスト削減

正社員の雇用には、毎月の給与だけでなく、求人広告などの採用費用から、交通費、社会保険、賞与、昇給、退職金など様々な諸経費と時間がかかります。 業務請負を行うことで仕事量や勤務期間に合わせて人数・時間を調整して人件費を削減できます。

業務改善作業のご提供

オネスティーでは業務遂行以外、継続的な分析と定期的な改革提案を行ない、常に生産性が向上するように、業務改善を提供致します。

※その他気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

先頭に戻る